スッキリン
離婚をする前に抑えておきたい大きなことが3つあります。

それはまず当人同士の離婚に対する考え方です。

次にお金の面では後々もめる事が多いため、しっかりとおさえておきましょう。

最後は子供のいない人は関係ないですが、子供についての事を考えてから離婚に向けて進んでいかなければなりません。

当人同士の気持ちの部分

ポイント1 離婚する原因がはっきりしていますか?

浮気や性格の不一致、嫁姑問題やセックスレス、DVなど。

色々な理由をはっきりとさせる事で、相手への慰謝料の請求などにも関わってきます。

そのため理由やきっかけをしっかりと証拠で残すか、書面などで残すことが大事です。

ポイント2 二人とも離婚に合意しているかどうか

その原因を踏まえたうえで相手も自分も離婚に応じていますか?

どちらかが離婚に応じていないとなると、弁護士を通じて調停や裁判に発展します。

ただし上記のようなはっきりとした原因があるのであれば、相手が応じていなくても離婚は成立します。

お金に関する部分

ポイント3 慰謝料の請求

慰謝料は、自分が相手から受けた精神的苦痛に対するお詫びや賠償をお金で支払うというものです。

離婚をしてしまった後でも3年間は、慰謝料を請求する権利があります。

どっちにも原因がある場合や、円満離婚が成立した場合、慰謝料は発生しません。

ポイント4 財産分与の取り決めはしっかり行う

財産分与は貯金のお金だけではありません。

土地や建物もそうですし、車など所有物もそれにあたります。

物の名義は関係なく、少しでも夫婦の協力で買ったものは分与の対象となります。

ポイント5 経済的に今後自立できるか

離婚後自分だけの生活で自立ができるかどうか、考えておかなければなりません。

付きたい職業に関連する資格を取っておくなどが大切です。

老後は年金生活になりますが、今まで厚生年金で支払ってもらっていた配偶者は、婚姻期間中の厚生年金に関して半分に分割してもらえる決まりになっています。

子供に関する部分

ポイント6 親権はだれが持つのか?

子供が未成年の場合、どちらが育てるのか決めなければなりません。

親権には世話をする身上監護権と子供の財産の管理を行う財産管理権があり、どちらがその権利を持つのかを決めます。

ポイント7 養育費についての支払い方法など

算定表を基準にし、未成年が成人するまで養育費を支払うケースが多いです。

金額に法律の縛りは無く、実際に養育する人と支払う側が話し合って決めます。

ポイント8 面会交流が大事

親権者にならなった親は子供と面会する権利が設けられています。

それをどのように会うのか、頻度は?などをあらかじめ決めておかなければなりません。

スッキリン
上記のようなポイントを踏まえたうえで話し合いが必要です。

また答えが出た際には口約束ではなく、きちんと書面にて残しておきましょう。

特にお金の面でもめる事が多いため、しっかりと離婚公正証書を作成しておくと安心です。

浮気や不倫等で離婚の意志が固いなら「大洋綜合法律事務所」

大洋綜合法律事務所は特に不倫や浮気が原因の離婚についての実績が多数あります。

弁護士事務所ですが協力関係にある司法書士や公認会計士、税理士などと連携がある事務所になっています。

そのため多方面で分からないことを、しっかりとサポートしてくれます。

>>>「大洋綜合法律事務所」の詳細はこちら

浮気の証拠を掴むなら「響エージェント」

弁護士が運営する探偵事務所で不透明な料金システムや調査内容など一切なく、調査後に法律相談ができるのが大きな特徴です。

安心感がメリットの響ですが、その他にも電話やメールの相談料は無料、また面談での相談も可能です。

>>>「響エージェント」の詳細はこちら

Copyright© 旦那が嫌い!離婚無料相談掲示板 , 2017 AllRights Reserved.